会員規約(2006年10月1日制定)

第1条(クラブの目的)

  1. しまねe-あきんど(以下「当団体」といいます)は、第3条に定める会員(以下「会員」といいます)に第5条に定める会員サービス(以下「会員サービス」といいます)を提供することを主な目的としています。

第2条(会員規約)

  1. しまねe-あきんど会員規約(以下「会員規約」といいます)は、当団体における会員サービスの提供及びその利用にかかわる一切について適用されます。
  2. 当団体では、個別の会員サービスごとに別途利用約款や利用上の注意などの諸規定(以下「諸規定」といいます)を設けることがあります。
    この場合、会員が当該諸規定に同意することが当該サービスの利用の条件となります。会員規約と諸規定の定めが異なる場合は、諸規定が優先します。

第3条(会員)

会員とは、次の各号のすべての要件を満たし、この会員規約に同意のうえ当団体所定の入会申し込み手続きを取り、当団体がこれを承諾した方とします。

  • (1) 当団体からの連絡が可能なメールアドレスを持っていること
  • (2) 当団体の会員条件を満たしていること会員条件>>
  • (3) 入会申し込みの時点で、会員規約の違反等により会員サービスの一部または全部の利用を停止されていないこと
  • (4) 入会申し込み以前に、会員規約の違反等により退会処分を受けたことがないこと
  • (5) 特定商取引に関する法律の必要事項をサイトに明記し、著作権法、風俗営業法、不正競争防止法、特許法、薬事法などの関連法規に違反していないこと。また、免許・登録・営業許可が必要な業種(酒販店免許、古物商免許、旅行業登録、食品製造業・販売業許可など)の場合、それらの手続きをしていること

第4条(入会申し込み)

  1. 当団体に入会するには、当団体所定の申し込み手続きが必要です。入会希望者は、申し込みの際に必要な事項を正確に記入して届け出るものとします。手続きをした申込者は、この会員規約の内容を理解のうえ、規約に定める条件に従うことに同意したものとみなされます。
  2. 申込者が、次の各号のいずれかに該当することが判明した場合、当団体は入会を承諾しないことがあります。
    • (1) 申込時の届け出事項に虚偽またはこれに準じた不正確な内容が含まれていることが判明したとき
    • (2) 第3条に定める会員の要件を満たしていないことが判明したとき
    • (3) その他当団体が合理的事由により、会員として認めることが不適当だと判断したとき

第5条(会員サービス)

  1. 当団体の開催するセミナーまたは勉強会への参加資格
  2. 自主的勉強会への参加資格
  3. facebook、MLでの情報交換の場の提供
  4. 交流会の開催
  5. 会員すべてを対象としたサービスと、インターネットを利用する会員に限ったサービス、一定の要件を備えた会員にのみ提供されるサービスがあります。個別のサービスの利用に必要とされる会員の要件は、当団体が別途定める条件によるものとします。
  6. その他目的を達成するために必要なサービス

第6条(登録情報の変更)

  1. 会員は、当団体に届け出た連絡先など(以下「登録情報」といいます)に変更があった場合、当団体所定の方法により、速やかに変更手続きを取るものとします。
  2. 登録情報の不備、変更手続きの不履行、遅延などにより会員が不利益を被ったとしても、当団体はいかなる責任も負いません。

第7条(利用料金及び諸費用)

  1. 当団体への入会金、会費、および会費以外の有料サービスの利用料金(以下総称して「利用料金」という)と、その算定方法等は、以下のとおりとします。
    • (1) 入会金は無料とします。
    • (2) 会費は年額10,000円(消費税込)とし、同じ会社からの二人目の参加は年額 5,000円(消費税込)とします。
    • (3)4月1日スタート翌年3月31日までを1年間の区切りとし、新規会員は随時募集します。 年度途中入会の場合も会費は10,000円です(入会時~3月31日まで)。また、途中脱会の場合の会費の払い戻しはいたしません。
    • (4) 入会金および会費以外に利用料金の支払いを要する有料サービスを行う場合は、別途利用料金を定めて会員に明示します。
      会員登録をもって、課金を行います。会費の支払いについては、年額10,000円(消費税込)または5,000円(消費税込)の一括前払いとします。
  2. *会員登録申込して当団体から受付け通知メール到着後、7日以内に会員会費を指定の金融機関に支払うものとします。その際かかる手数料は申込者負担とします。

  3. インターネットの利用に必要な機器や設備、インターネット接続環境等は、各会員で準備するものとします。
    アクセスにかかる通信料、接続料などについても会員自ら負担するものとします。
    会員から当団体への各種手続き書類の郵送料、各種サービス・企画への書類の郵送にかかる郵便料金、イベントに参加する場合に発生する交通費、およびこれらに類する費用などについても、当団体が負担する旨を会員に対して明示的に通知または告知をしない限り、会員の負担になります。

第8条(会員情報の収集・取得および利用)

  1. 会員は、当団体の各種手続き及び会員サービスの利用を通じて会員が知り得た当該会員の個人情報(以下「会員情報」といいます)を、当団体が次の各号に定める利用目的の遂行に必要な範囲内で収集・取得し、これを当該利用目的の範囲内で利用することに同意するものとします。
    当団体は、会員規約並びに当団体の定める個人情報取扱方針に従って会員情報を取り扱います。
    • (1) 第3条および第5条に定める資格要件の確認のため
    • (2) 会員サービスの提供及び当団体の運営上必要な事項を会員に知らせるため
    • (3) 会員サービス事業として、新聞、出版物、文化事業、電子メディアサービス、セミナー、イベント等、当団体のサービスに関する各種案内を届けるため
    • (4) 当団体や当団体のサービスの改善等に役立てるための各種アンケートを実施するため
  2. 前項の定めによるほか、当団体は随時、あらかじめ利用目的を明示して会員の同意を得たうえで、当該目的の遂行に必要な範囲内で新たに会員情報を収集・取得することがあります。
    この場合、当団体は、収集の際に明示した利用目的の範囲内でこれを利用します。
  3. 本条第1項第3号および第4号の利用については、会員から中止要請があった場合、当団体の業務遂行上支障が生じる場合を除き、当団体はこれらの案内の送付を中止します。
  4. 個別の会員サービスの利用に際して会員が開示する個人情報等の取り扱いは、この会員規約によるほか個別サービスごとに定められた諸規定によるものとし、会員はこれに同意するものとします。

第9条(第三者への提供)

  1. 当団体は、次の各号に定める場合に会員情報を第三者に開示、提供することがあり、会員はあらかじめこれに同意するものとします。
    • (1) 個人または公共の安全を守るために必要とされる緊急の場合
    • (2) 裁判所の命令もしくは法令に基づく強制的な処分または法令の定めもしくは法令上の手続きにより開示が必要とされる場合
    • (3) 当団体の権利または財産を保護するために必要不可欠な場合
    • (4) 当団体が会員サービスの維持のため、合理的かつやむを得ない事由により必要不可欠と判断する場合
      前項に定めるほか、当団体は会員に事前に同意の範囲内で第三者に提供することがあります。
      本条もしくは個人情報保護法等法令に定める場合を除き、当団体は、会員個人が識別できる形式で、会員情報を第三者に提供することはありません。

第10条(退会等)

  1. 会員は、当団体所定の方法で当団体に通知することにより、いつでも当団体から退会できます。
  2. 会員が次の各号のいずれかに該当した場合、当団体は、事前に通知することなく、当該会員に対する会員サービスの提供を停止し、もしくは当該会員の会員資格を取り消し、退会処分とすることができるものとします。これにより会員が損害を被ったとしても、当団体は一切の責任を負いません。
    • (1) 会員規約のいずれかの規定に違反したとき、または違反していたことが判明したとき
    • (2) 実在しないことが判明したとき
    • (3) 死亡したとき
    • (4) 会員が届け出た連絡先に連絡がとれないとき、または会員が届け出た住所宛に発送した郵便物が受け取られないとき
    • (5) 会員サービスの利用料金その他の債務の履行を遅滞し、または支払いを拒否したとき
    • (6) 会員の登録情報に、虚偽またはこれに準じた不正確な内容が含まれていることが判明したとき
    • (7) 会員が会員サービスを継続して利用することにより、当団体の運営など当倶楽部の業務遂行上、支障が生じると判断したとき
  3. 会員は、退会と同時に会員資格を喪失し、会員サービスのすべての利用資格を直ちに喪失します。ただし、会員が退会までに利用した会員サービスにかかる利用料金その他の債務が退会により消滅するものではありません。
  4. 退会者は、第3条及び第4条の定めに従い、資格要件を満たした上で入会手続きをすることにより、再度当団体の会員となることができます。
  5. その他一般社会通念に基づき、会員の不法行為、悪意、無責任、信義誠実に反する行為などがあった場合、退会処分となることがあります。

第11条(会員の禁止行為)

会員は、会員サービスの利用にあたり以下の行為をしないものとします。

  • (1) 虚偽の情報を登録すること
  • (2) 著作権、商標権、プライバシー権、氏名権、肖像権、名誉等他人の権利を侵害する行為
  • (3) 当団体及び他人に不利益を与える行為
  • (4) 個人や団体を誹謗中傷する行為
  • (5) 法令、公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為
  • (6) 営利を目的とした情報提供等の行為
  • (7) 会員サービスの運営を妨げる行為、または当団体の信頼を毀損する行為
  • (8) 入会後利用するfacebook、ML内に投稿されたり、意見交換会などで知り得た各店舗のクローズな情報を他言する行為

第12条(期間)

  1. 4月1日スタート翌年3月31日までを1年間の区切りとし、新規会員は随時募集します。年度途中入会の場合も会員満了期は3月31日までとなります。
  2. 次年度への継続については、会員期間満了2ヶ月前に、当団体から会員に期間終了及び継続についての通知をいたします。会員が更新のための所定の手続きを完了した場合は、会員期間は更に1年間更新されるものとし、以後も同様とします。

第13条(責任)

当団体への会員登録および会員サービスのご利用及びサービスにより生じる一切の損害につき、当団体は一切責任を負わないものとします。

第14条(不可効力)

通常講ずるべきコンピューターウイルス対策では防止できないウイルス被害、天変地異による被害、その他当団体の責によらない事由による被害が生じた場合には、一切責任を負わないものとします。当団体はこれらの不可抗力に起因して、当団体が保管しているデータが消去・変更されないことを保証するものではなく、会員は、かかるデータを自己の責任において保存するものとします。

第15条(サービスの停止)

当団体は次のいずれかに該当する場合に、会員に事前に通知することなく本サービスの運用を一時中断、停止します。この場合、当団体は一切の責任を負わないものとします。

  1. 天災、火災、停電などの不可効力により、本サービスの提供が困難な場合
  2. その他運用上または技術上の理由により、当団体が本サービスの提供が困難と判断した場合

第16条(著作権)

  1. 会員は、本サービスを通じて提供されるいかなる情報も私的複製及び著作権を侵害する行為はこれを固く禁じます。
  2. 本条の規定に違反して問題が生じた場合、会員は自己の責任と費用においてかかる問題を解決するとともに、当団体に何等の迷惑または損害を与えないものとします。

第17条(本会員規約の変更)

当団体は、当団体の状況に応じ会員規約を変更することがあります。その場合には、サービスの利用条件は、変更後の会員規約とします。会員規約変更の際は会員へMLにて通知をする他、当団体が別途定める場合を除き、オンライン上に表示し、その内容を通知、告知もしくは公表します。変更の内容については、通知、告知もしくは公表後、1ヶ月表示した時点で、すべての会員が了承したものとみなします。

第18条(紛争の解決)

本規約に定めのない事項で問題が生じた場合には、会員と当団体の双方で解決に向けて努力するものとします。

付則

  1. この会員規約は、2006年10月1日から実施いたします。
  2. この会員規約は、2008年1月20日に改定いたしました。
  3. この会員規約は、2009年3月1日に改定いたしました。
  4. この会員規約は、2010年3月31日に改定いたしました。
  5. この会員規約は、2011年7月1日に改定いたしました。
  6. この会員規約は、2012年3月10日に改定いたしました。

上記規約に同意した方のみ、入会のお申し込みができます。
入会をご希望の方は、下記のお申し込みボタンをクリックしてください。
申し込みフォームに必要事項をご記入の上、送信してください。

入会申し込みフォーム

PAGE TOP